交通事故で怪我をしたら接骨院に通院しても慰謝料はもらえる?

交通事故にあって怪我を負った場合、まず最初に整形外科を受診します。

しかし、リハビリ等が必要な人にとって、非常に混み合う整形外科を毎回通院するのはかなり大変です。

そこでよく目にするのが、看板に「交通事故対応」と記載している接骨院ですよね。

接骨院なら病院よりも待ち時間が少ないし、通いやすいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、交通事故で怪我をしたら接骨院に通院しても慰謝料はもらえるのかについてご紹介します。

接骨院の通院が認められる条件とは?

接骨院への通院が認められるケースは、以下の2つとなります。

医師の指示があった場合

接骨院への通院を保険会社に認めてもらうためには、医師の指示が必要です。

仕事や家庭の事情により、病院に通うのが難しい旨を担当医に相談してください。
医師が納得して許可した場合は、正式に接骨院へと通院することができます。

しかし、接骨院は医師免許を持たないため、医師のなかには難色を示す人が多いのも事実です。

スムーズに許可がもらいたい場合には、接骨院と連携体制がある整形外科を受診すると良いでしょう。

ちなみに、私自身が交通事故の怪我により接骨院に通院した経験がありますが、やはり接骨院と連携していた整形外科を受診していたため、スムーズに許可がおりました。

接骨院での治療の必要性が証明できた場合

交通事故による怪我は、他覚症状のない痛みが長引くケースも予想されます。

この痛みの緩和のために、接骨院に通いたいと考える方も少なくありません。

しかし、レントゲンなどで証明できない痛みを緩和するための治療は、必要性が証明できないと保険会社に認められないケースがほとんどです。

この必要性に対する客観的な基準を満たすためには、やはり医師の見解が重要となります。

接骨院に通っても通院慰謝料はもらえる?

上記でご紹介した接骨院の通院が認められる条件を満たしていれば、通院慰謝料は問題なく受け取ることが可能です。

接骨院で、電気治療やマッサージのみの治療を行ったとしても、これを通院1日として計算してもらうことができます。

ただし、接骨院だけに通い続けてしまうと後遺障害等級認定の申請ができません。

定期的な検査結果がなく、後遺障害診断書の作成ができないからです。

後遺障害等級認定の申請も視野に入れるなら、月に一度は整形外科に通院することをおすすめします。

接骨院に通院した場合の慰謝料の計算方法

接骨院に通院した場合の慰謝料は、病院を受診している場合と同様です。
「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3種類のいずれかから計算されます。

『自賠責保険基準』

・通院期間もしくは日通院日数×2のいずれか少ない方を1日あたり4,200円(治療費や休業損害等を含めて上限120万円)

『任意保険基準』

・計算方式は公表されていないが、自賠責保険基準より若干多く支払われるケースが多い

『弁護士基準』

・過去の裁判例をもとにした基準にて計算される(慰謝料の計算方式の中では最も高額)

一般的には、自賠責保険基準もしくは任意保険基準が適用されますが、示談交渉を弁護士に依頼すると、弁護士基準で計算される可能性が高まります。

まとめ

「接骨院だと慰謝料がもらえない」「接骨院は慰謝料が減額される」

このような噂がありますが、今回ご紹介した内容を見ていただくとわかるように真実ではありません。

接骨院に通院していても、病院と同額の慰謝料を受け取ることができます。

ただし、医師に相談せずに自己判断で接骨院に通ってしまうと、慰謝料どころか治療費も払ってもらえない可能性があります。

接骨院に通院される際には、必ず病院の医師に相談してからにしましょう。