交通事故で加害者が不誠実だった場合の対処法

交通事故で怪我を負った被害者からしたら、加害者の対応が不誠実だとものすごく腹が立ちますよね。

腹立つ気持ちが通り過ぎ、憎しみに変わってしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、だからといって加害者を罵ったところで、状況は何も変わりません。

むしろ腹立たしい気持ちは募る一方となり、ますます感情のコントロールができなくなります。

そこで今回の記事では、交通事故で加害者が不誠実だった場合の対処法についてご紹介します。

加害者が被害者に不誠実な対応をする理由

そもそも被害者からしたら、なぜ加害者が不誠実な対応になるのか不思議でたまりませんよね。

誠意を持って謝罪したり、お見舞いしたりせずに不誠実な行動を繰り返す理由は、次の2つが予測されます。

任意の保険会社に加入しているから

事故を引き起こしてしまった加害者は、「救護義務」や「報告義務」といった必要な行動をとった後、まず最初に保険会社へと連絡をします。

保険会社によっては、担当者が代理で対応していくため、直接連絡を取らないでほしいと促すケースもあるんです。

また、保険会社からの指示がなかったとしても、お金を払って自動車保険に加入しているのだから、全て任せておけば良いと思っている方も少なくありません。

責任は加害者本人にありますが、処理してくれる保険会社といった代理人がいることで、不誠実な対応になってしまう場合があります。

被害者にも過失があるから

交通事故では、「過失割合」というものが存在します。

片方が怪我をしてしまったとしても、事故の状況によっては双方に過失が発生してしまうんですね。

加害者からすると、「相手側にも過失があるのだから自分だけ悪いのではない」と頑なに謝罪しないケースもあります。

不誠実な加害者への対処法

事故の加害者の対応が不誠実だと感じたら、以下の2つの方法によって、正式に責任を追求することができます。

民事上の責任を問う姿勢を示す

交通事故で被害にあったら、その分の治療費はもちろん、慰謝料や休業損害といった損害賠償を行うことができます。

そこで、不誠実な対応に少しでも責任を取ってもらうためには、調停や裁判で民事上の責任を問う姿勢を示し、請求する損害賠償額をできるだけ高くしましょう。

弁護士を味方につければ、1番高額な計算方式で損害賠償額を得ることができます。

また、加害者の不誠実な対応の中に「救護義務違反」などが該当していれば、慰謝料額の増額が認められるケースもあります。

ただし、自分にも過失割合が発生している際には、その分を差し引いた額の請求になる点を覚えておきましょう。

刑事上の責任を問う姿勢を示す

交通事故により他人に怪我をさせてしまったら、加害者側には刑事上の責任が発生します。

そこで、できる限り刑事上の責任を加害者に対して問いたいと考えているのなら、「犯罪被害者保護制度」を用いて、検察官に厳罰を求める意見を直訴するのも1つの方法です。

加害者の対応があまりに不誠実な場合には、その点を参考に判断が下される可能性もあります。

まとめ

今回は、交通事故の加害者が不誠実だった場合の対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

「許せない!」と思ったら、怒りにまかせて行動するのではなく、冷静かつ慎重に対応していくことが大切です。

不誠実な対応を一つ一つメモし、どう責任を取らせるかを弁護士に相談するのも1つの方法でしょう。

加害者の対応にお悩みの方は、ぜひ弁護士の無料相談などを活用してみてください。